2014年04月23日

花便りも伝わる今日このごろ、皆様にはますますご健勝の事と存じます。

いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。


さて、春は出会いと別れの季節であります。


新年度を皮切りに

何かを始める人

または何かをやめる人

が多くなる時期だと思います。

何かを始める人は

前向きでポジティブな心を持った人だと思います。

新しい年度になり、ちょっと勇気と希望を持って始める新しいチャレンジです。

中々その一歩を踏み出せない人もいる中で

人生をEnjoyする為の手段として何かを始められる人というのは非常に素敵な人だと思います。


問題は後者の何かをやめる人です。

英会話やお料理教室などの習い事やスポーツクラブやヨーガ教室などなど

日本ではそういったものを「やめる」という事について、後ろ向きでネガティブなイメージを持たれがちだと思います。

学校の部活動でも途中で退部すると『逃げた』『諦めた』等の言葉がかけられがちな風潮がどこか日本にはあるように思うのは私だけでしょうか。

しかし、やめるということも一つの「決断」であり「選択」であり立派な「行動」です。


「やめる」という事にうしろめたさを感じたり自分の事を責めたりする必要はないと私は思います。

人生は自由であり、選択肢は無限に広がっています。

自分自身でその自由を制限する必要はありません。

TVをつけたら初めに映った番組をずっと見続ける必要は無く、見たい番組にチャンネルを変えればいいのです。


もっと自分が人生をEnjoyするために「やめる」

そのようなポジティブな気持ちでちょっとの勇気を持って「やめる」という「選択」をする人がもっと多くなっても良いように思います。

冒頭に書きましたが

新年度になって何かをやめる人もまた非常に素敵な事だと思います。

何かを始める人も何かを辞める人もまた素晴らしい事と思います。


私はヨーガ教室を主宰しております。

もしもこの春ヨーガを始めようと思う人は大歓迎ですし、ヨーガから離れようと思う人もまたその「選択」と「行動」を応援します。

全ては自分の人生をEnjoyする為。

あなたの人生をEnjoyするための手段としてヨーガを選んで頂けるならこんな嬉しい事はありません。

もちろん「続ける」も「やめる」もあなたの自由です(^_^)


まずはリトルロータスで一緒にヨーガを味わって
ヨーガを人生をEnjoyする為の一つの手段の候補にいれてみませんか??





5月のスケジュール

 

5月2日(金曜日)15:30~16:45谷津コミュニティセンター
                      ふれあいルーム


 

5月9日(金曜日)15:30~16:45
谷津コミュニティセンター
                       ふれあいルーム




5月23日(金曜日)15:30~16:45谷津コミュニティセンター
                       ふれあいルーム




5月30日(金曜日)15:30~16:45谷津コミュニティセンター
                       ふれあいルーム



*5月16日はお休みとさせて頂きます。お間違えのないようお気をつけてお越し下さいませ。<m(__)m>

月のスケジュール 



6月13日(金曜日)15:30~16:45 
谷津コミュニティセンター
                         ふれあいルーム




6月20日(金曜日)15:30~16:45 谷津コミュニティセンター
                         ふれあいルーム



 


6月27日(金曜日)15:30~16:45 谷津コミュニティセンター
                        ふれあいルーム




      
                               


*6月6日はお休みとさせて頂きます。お間違えのないようお気をつけてお越し下さいませ<m(__)m>




:料金:1回600円

:持ち物:ヨガマット又はバスタオル、飲み物、フェイスタオル、動きやすい服装
          
      





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Kaoru   2014年06月13日 12:53
千津留先生、大賛成!!です(^o^)v
ひとつの出来事にいつまでも執着しない生き方をヨーガを通して教わっている気がします
私も一喜一憂せず常に平常心でいられるよう心掛けたいと思っています。
でも、日々これがかなり難しい!(>_<)
2. Posted by 千津留   2014年06月13日 18:57
将棋界の名人羽生善治さんもご自身の著書『捨てる力』で執着しない生き方を推奨されていますね(^_^) やめるも続けるもどちらかに執着しない事が、力を抜いて前向きに人生を楽しんでいく一つのコツだと思います♪

コメントする

名前
 
  絵文字